「ふしぎの海のナディア展」に行って実感した”良い意味での誤算”3つ

ナディア

2021年9月10日(金)より、スカイツリーのおひざ元にある東京ソラマチにてふしぎの海のナディア展が開催された。

今回はそこで実感した、”良い意味での誤算”を3つご紹介する。

筆者は初日の次の日である11日(土)に拝見させて頂いた。

展示会場に入ってから出口を出るまでにかかった時間はおよそ2時間半。
圧倒的な情報量に打ちのめされフラフラだった

ADVERTISEMENT

家を出る前からドキドキが止まらない。。


出発前、自宅で着替えている頃からソワソワ緊張して落ち着かなかった

まるで合格発表を見に行く学生のようだった。

最寄りのとうきょうスカイツリー駅に到着すると更に緊張は高まった。
途中の電車の中吊り広告でメインビジュアルポスターを見かけたときもドキドキ。

まるで青春に戻った時のように心が揺れていた

バク夫
バク夫

なんでモモちゃんが緊張するの~。
せっかく来たんだからさ、肩の力抜いて楽しまなきゃ~


良い意味での”誤算”3つ

誤算1.人が多くてすべての展示物をじっくり見ることが難しい



作品への愛を感じる工夫。ナディアを好きな人でこのルールを破る人はいないはず。


会場を入ってすぐの大きなタペストリー。


キング~~~!!!我が家はキング推し。


”もう一度、冒険の旅へ” ナディアにぴったりな言葉ですね!


これらの写真は展示会場入ってすぐの写真撮影OKエリアで撮影したものである。

実際にはほかにも撮影したいものがあったが、筆者にはこれがやっとであった。
展示が始まって最初の休日ということもあったのか、とにかく人が多くてすべてに目を通すことが出来ず残念であった

じっくり一つの絵に見入っている人もいた。
その人が移動するのを待って全ての展示に目を通していたらグッズ売り場で戦う体力と時間が枯渇してしまう。
そのため泣く泣くショートカットする場所もあった

これはもう一度行かなければ。。


誤算2.公式HPのグッズ一覧にない商品が多数販売されており、荷物と財布に余裕が必要

想定をはるかに上回る素晴らしすぎる商品ラインナップ


筆者は出発前にしっかり公式HPのグッズ一覧を見て、購入するものにあたりをつけていた

その時点では大した量ではなく、1人でも十分に持ち帰ることができる量であると考えていた

しかし、実際にグッズ売り場に行ったところ、見たことのない品物が大量に並んでいるではないか

Tシャツやパーカーやリュックや沢山のぬいぐるみやら。。

どうしてくれるのだ、せっかく事前に購入するものを決めてきたのに、全く意味がないではないか。。

隣から、”今しか買えないんだから、どうせ後で後悔するんだから、買っちゃいなよ”と悪魔のささやきが聞こえる

バク夫
バク夫

何言ってるの~、天使のささやきでしょ~

”今しか買えない”ので結局購入した


筆者たちはぬいぐるみに目がない

そのため、ぬいぐるみのグッズがあったらな、と思いつつ、公式HPになかったので諦めていた。あったら嬉しいなという気持ちは強く持っていた

そんな筆者たちは、グッズ売り場で出会ってしまったキングとグラタンの大きなぬいぐるみと、手のひらサイズのフィンガーマスコットというぬいぐるみ全種類買いそろえてしまったのである

四捨五入すると2人とも40歳代なのに、いったい何をしているのだろうか。。

ナディア展に出かけるためには荷物と財布に余裕が必要


というわけで、ナディア展に出かける際はこのようなトラップが仕掛けられているため、くれぐれも荷物に(もちろんお財布にも)余裕をもって出かけて頂くことを忠告したい

筆者の場合は、上記の写真のグッズに加えてリュック1つ分のグッズを購入した。

こちらはぬいぐるみと違って重さがあるものばかりなので、筆者がもし1人で出掛けていたら一人で持ち帰るのは困難な量であった

ジャンの言葉通りだった


なお、グッズ売り場のアナウンスでジャンが、”どれも素敵だから迷っちゃうな~~”ようなことを言っていたが、その言葉通り、すべて素敵なので迷いに迷った

誤算3.15時時点で既にグッズに売り切れ商品があった


購入するつもりだった「ガーゴイル饅頭」と「ノーチラス号缶詰風スナック」と「グラタンのグラタン皿」が既に売り切れだった

筆者の場合、グラタンなんて一生に1回作るくらいだろうが、それでも欲しかった。

饅頭とスナックはパッケージが2種類あるそうなのでもちろん2つずつ購入するつもりでいた。

バク夫
バク夫

え、ガーゴイル饅頭?? 
気持ち悪くない・・・?
どこに需要あるの・・・?

もものすけ
もものすけ

なんか言った??!!

というわけで、やっぱり2回目も行くしかない

最後に、その他


以上、ナディア展での嬉しい誤算を3つ挙げた。

展示の最終日まであと3日しかないが、会場に足を運ぶ際の参考にして頂ければ幸いである。

最後に、会場で筆者がグッときたポイントを2つご紹介する

1.会場入ってすぐのアナウンスがかわいい


グッズ売り場を含め、会場のあちこちではナディアとジャンによるアナウンスを聞くことができる

そのうち、会場入ってすぐのところで聞けるアナウンスが、筆者的にはとても可愛くて心が癒された

”ジャンです!” 
”ナディアです!”
(せーの・・・、と言ってタイミングを合わせているように聞こえる) 
(2人で一緒にゆっくりと)”ふしぎの海のナディア展へようこそ!”

というアナウンスである。



今思い出してもほんのり目頭が熱くなる

勝手な解釈であるが、一緒に1つの作品を作り上げたからこそできる息の合わせ方のように感じた。
そして何より”(せーの・・・)”感が何とも言えない可愛さである

いやー生きていてよかった。。
年を重ねてからもこうやって楽しませてくれる作品って、なんてすばらしいんだろう。。
しみじみ感じたものである。

2.声優さんのメッセージ入り色紙が熱い


展示会場の最後のあたりに、主要キャラクターを演じた声優さんと、OPとEDを担当された森川美穂さん直筆の色紙が飾ってあるコーナーがある

声優さんの場合は、サインと、各キャラクターの名台詞が書かれている。

どれも、”あのシーンのセリフだ!!”と思い出される言葉ばかりで、メンタルが下降気味の時に見たら涙腺が緩んでいたであろう感動的なものだった

そしてやはり、マリー役の水谷優子さんがいらっしゃらないのは結構寂しかった
ネオ皇帝もね。。

なお、この色紙の写真は公式図録に掲載されている
ご興味のある方は是非購入して頂きたい。


というわけで、筆者は2回目も行くつもりである!

2回目も行かなければ、、と思いつつ最終日までもう3日に迫った今日。
ようやくこの記事を書く余裕ができた。。

完全に自己満ではあるが、この熱い感動を記録に残すことが出来て感無量である。

スタッフの皆様、アニメ放映当時はもちろん、30年経ってからもこんなに心をときめかせてくれて、生活に彩を添えて下さって、本当にありがとうございます!!