【一生の不覚】ナディア展缶バッチ。全種類コンプできた、のは束の間の夢だった。予習で致命的な勘違いをしていた

ナディア

今回はナディア展のガチャで入手できる缶バッチのご紹介である。

おそらく一生分ガチャをした。
金額は数えたくない。

全種類コンプと思いきや、事前に公式HPで予習した際に、筆者は致命的な勘違いをしていた。
ナディア展終了から9ヶ月経った今もそのミスを悔やんでいる。


ADVERTISEMENT

事前に公式HPで予習していた


筆者は事前に公式HPでグッズのラインナップを予習していた。

ガチャがあるのも当然知っていた。

ふしぎの海のナディア展 放送開始30年記念「グッズ」https://www.nadia-exhibition.com/goods/index.html(2022年6月9日)


もものすけ
もものすけ

お、デザインカッコいいー!
でも回しても4、5回くらいかな~。

それなりに楽しめればいいや~



ナディア展1回目


フラフラになりながら展示を見終わり、グッズ売り場でオタク心を大いにくすぐられて散財した後、出口直前のスペースに、ガチャコーナーはあった。


4,5回のつもりで始めた。”グラタンが出たらラッキー”くらいの軽い気持ちだった


筆者はメカの中では断然グラタン推しである。


最終回近くのこんな感じのシーンが可愛くて特にお気に入り。


そのため、ガチャも”グラタンが出たらラッキー”くらいの軽い気持ちで始めた。

しかし、当たり前のような気もするが、その目当てのグラタンがなかなか出ないのである。

他のお客さんに影響されてしまった


また、周りにガチャを回しているお客さんが沢山いたのもよくなかった。
筆者が1回目訪問したのは展示期間最初の週末だったこともあり、人が多かった。

その方々が、自分がまだ持っていないものをゲットして嬉しそうにしているのを見ると、どうしても欲しくなってしまうのである。

そしてなかなかグラタンが出てこない。。

そのうちにシークレットも当たってしまった。。

ようやくグラタンが当たったころには、相当な回数になっていた。
不本意ながらコンプも完了した。と思っていた。

もものすけ
もものすけ

完全に雰囲気に流された。。

トホホ~~


帰宅後、並べて確認した


帰宅後、戦利品を並べてみた。



念のため、HPを見て全種類揃っているか確認した。

もものすけ
もものすけ

現場でも確認したし、大丈夫でしょ。

でも、念のためね!


そうしたら、重大な勘違いが発覚したのである。

シークレットは2つ存在した


隅から隅まで目を通してしっかり予習していたはずだった。

引用元は同上





もものすけ
もものすけ

ま、”丸型(2柄)”?????



シークレットが2柄存在したことに驚愕した。

予習で見落としていたのだろうか。

或いは、確認した瞬間は2種類あることを認識していたが、時間が経つにつれて青い丸の画像の印象が強く残ってしまって、1種類だと思い違いをしてしまったのかもしれない。

”2柄”の意味を理解できず、”2種類”だと認識できなかった可能性もある。

原因ははっきりしないが、とにかくコンプ未完了だったことには違いない。

安心していたのに。
何かがガラガラと崩れ落ちるのを感じた。

某フリマサイトでもう1つのデザインをこっそり確認した


メ〇カリでこっそり探してみた。

もものすけ
もものすけ

えーん、超カッコいいじゃん。。

でも買いたくない!
自分でガチャしてゲットしたい!!


ナディア展2回目


というわけで、ナディア展2回目で再挑戦した。

その成果がこちらである。


コンプ未達成のまま終了した


ご覧の通り、コンプには至らなかった。

回しても出てくるのは既に入手済みのものばかりで、シークレット2つ目はなかなか出てこない。

1回目と異なり、2回目は平日の夕方だったのもあり、人が少なかった。
そのためガチャの中身の入れ替わりスピードが遅かったのかもしれない。

筆者自身としても、前回と違って人が少ないので、他の人に気持ちが影響されることがなく、終始冷静なままだった。

もものすけ
もものすけ

お金勿体ないし、諦めて早く帰ろう。


前回よりも少ない回数であっさりと切り上げて、帰宅した。

さいごに


自分の落ち度ではあるのだが、結果的に”シークレットは1つ”と思い込んでしまっていた。

一度思い込むと厄介で、それが誤りだったと気が付くのには大きなきっかけが必要である。

もものすけ
もものすけ

久しぶりに公式HPみたら、近々山口会場でも実施されるみたいです!

シークレットの青い丸は、2つあったほうが誤解がなくていいんじゃないかなぁ・・・。


こっそり呟いてみた。

どなたかに届くと幸いである。